Sekabe Log

ドライブ好きなオタクの雑記帳です

三浦半島外縁ツーリング

 超久々の更新ですが、今回は6月に行った三浦半島外縁ツーリングについて書いていこうと思います。

 

 静岡さわやかツーリングがやや消化不良な状態で終わってしまったため、計画されたのがこのツーリングでした。

 このツーリングの参加者は前回と同じくドラスタ乗りの先輩(以下、P先輩)とG310R乗りの友人(以下、S氏)です。

f:id:soushirou777:20190716225530j:plain

長者ヶ崎にて

  ツーリングは横浜家系ラーメンの「ラーメン大将本店」からスタート。大将で腹ごしらえをした後、ナップス ベイサイド幸浦店でバイク用品を物色します。

 ナップスにはバイク購入前も後も本当にお世話になってますね…。なんか困ったり、バイク関連の買い物があればナップスに寄ってるような気もします(ほかにバイク用品店を知らないだけともいう)

 ナップスではS氏がG310Rにヘルメットホルダーをつけました。G310Rには標準ではついてないそうです。作業中はコーラ飲んで待ってました(このナップスは瓶コーラが味わえます)。

 

 ナップスでの買い物が終わった後は逗葉新道を通って東京湾側から相模湾側へと一気に移動します。

 この逗葉新道、ゆるやかな道路と自然にあふれる景観が素晴らしい、走っていて気持ちのいいコースでした。

 その後、国道134号→県道207号→国道134号といった感じで乗り換えを繰り返しつつ、一気に長者ヶ崎まで突っ走りました。葉山御用邸前を通るこの道も垣間見える海岸線が美しい良い道でした。

f:id:soushirou777:20190717234309j:plain

海は穏やかでした

 

 長者ヶ崎で海を眺めて一休みした後は、また三浦半島の外縁をなぞるように走り出します。

 少し行ったところで外縁を外れて内陸へ。よこすか関口牧場を目指します。

 よこすか関口牧場では300円で自家製ソフトクリームを食べれます。非常に美味しいんですが、これが凄まじくデカい。食ってる途中で結構垂れてきます(笑) 垂れないように工夫して食べてると今度はコーンがふやけて底から垂れてくる。スピードとテクニックが試されるソフトクリームでした。

 牧場ではホンダのカブのカスタム車に乗ったおっちゃんと出会い、会話が弾みました。こういう偶然の出会いって旅情を感じれていいですよね。

 

 牧場を出た後は国道134号に戻り、三崎街道を驀進。引橋のあたりから進行方向を変え、街道に沿う形で観音崎を目指しました。

 観音崎は三年前にミニで行ったことのある思い出のある地です。

f:id:soushirou777:20190720233817j:plain

懐かしの愛車、ミニ

f:id:soushirou777:20190723234155j:plain

f:id:soushirou777:20190723235007j:plain

 海を見渡せる場所にバイクを並べると絵になりますね。三台とも性格が全く異なるバイクですが、インカムで通話しながらツーリングをしていると言葉にできない一体感を味わうことができました。

 

 観音崎を出た後は横須賀温泉 湯楽の里を目指します。長距離のツーリングの汗を流すにはやっぱり温泉が一番です。フルフェイスのヘルメットを被ってると結構蒸れるんですよね…(;^ω^)

 ヘルメットに汗が染みないようにバラクラバタイプのインナーキャップをつけていますが、代わりに顔が蒸れるので長距離走った後はさっぱりしたくなります。

 湯楽の里は関東で多く営業している温泉施設ですが、営業している地域ごとに特色があって、ここ横須賀の湯楽の里はなんといっても東京湾を一望できる絶景露天風呂が一番の魅力です。

 海の近くだからなのか天然温泉かけ流しの露天風呂はナトリウム成分を豊富に含んでいます。塩化物泉は湯冷めしにくい特徴があるので、温泉後もツーリングを続けたり、帰宅するために結構な距離を走らなければいけない場合にはうってつけの温泉と言えるかも知れませんね。

 

 温泉で疲れを取った後はいよいよ今回のツーリングの大締めであるブギーカフェへ。

f:id:soushirou777:20190724003545j:plain

 このカフェのある本牧はその昔、在日米軍の住宅街『ベイサイド・コート』だったことから、未だ多くのアメリカ人が住んでいて、アメリカ的な雰囲気が色濃い地域です。ブギーカフェもそんなアメリカ的雰囲気の老舗ダイナーで、外装、内装に散りばめられたネオンがお洒落な空気を醸し出していました。

 店内の座席は結構多く、ゆったりとくつろげました。提供される食事も大変美味しく、また食べ応えのあるボリューム。店内から外に停めた愛車を眺めながらの食事も出来、バイカーには一度は訪れてほしい名店でした。

f:id:soushirou777:20190724003810j:plain

ダイナーで提供される食事。珍しくルートビアや瓶コーラも頼めます

f:id:soushirou777:20190724003225j:plain

ブギーカフェと愛車(撮影:P先輩)

 カフェで食事後は解散。結構遅い時刻での解散でした。が、その分、充実したツーリングができたと思います。

 今回の三浦半島外縁ツーリングは自分の愛車を思うさま走らせ、その先で色々な事を楽しめたツーリングとなりました。またこういうツーリングをしたいものです。

静岡さわやかツーリング

 バイク納車三日目に高速を使ったツーリングに行きました!(アホ)

 

f:id:soushirou777:20190611022217j:plain

 

 5月28日、ドラスタ400乗りの先輩と先輩経由で知り合ったG310R乗りの友人と三人で行ってきました。

 目的地は静岡ではお馴染みの炭火焼きハンバーグレストラン「さわやか。もう何回も行っていますが、ここのげんこつハンバーグは本当に美味しくて何度食べても飽きない味です。しかも安い。最高です。

 

f:id:soushirou777:20190611022142j:plain

さわやかのげんこつハンバーグ。ソースはデミグラスもいいがオニオンがベスト

 静岡までの道中、連携性を高めるためにインカムを使って走りましたが、これが楽しいのなんのって

 道中の高速道路で走行中の感想とか周りの風景や天候の話とかの雑談で、とても楽しくなります。目的地までの到着時間が凄く短く感じました。

 インカムはみんな別々のメーカーのものを使っている(僕はB+COM SB6Xを使用)ので、インカムを直接接続するのではなくLINE通話を使って通話しました。

 が、何故か僕だけ音割れが酷いという結果に。原因は分かりませんでした。

 

 本来なら箱根とか温泉とかに寄る予定だったのですが、天候の悪化によりこの日はさわやか食べた後はすぐ解散になりました…無念…

 

f:id:soushirou777:20190611025733j:plain

解散後、EXPASA海老名にて

 やっぱりもうちょっと走っていたいなという気分ではありましたが、納車からそれほど日にちも経ってないし、何かあっても嫌なので大人しく帰りました。

 

 初ツーリングとしては、やや不完全燃焼な結果に終わりましたが、ハンバーグもおいしかったし、通話しながら走るというツーリングの醍醐味の一つは味わえたので、押さえるところは押さえたかなという感じです。

普通二輪免許取ります!~愛車納車編~

  ども、最近更新が滞りがちなセカベです。今回は「普通二輪免許取ります!」シリーズの最終回として愛車納車のことを書いていきたいと思います。

 

 先日、鮫洲の試験場で免許の交付を終え、普通二輪免許所持者――つまりはライダーの仲間入りを果たした僕ですが、

 

f:id:soushirou777:20190603235948j:plain

右端に輝く普自二の文字

 

去る5月26日に愛車となるZRXも無事、納車されました。

 

f:id:soushirou777:20190604000204j:plain

ライムグリーンがイカカワサキ・ZRX!!!

 

 いや、本当に嬉しいですね。カッコイイ、マジで。そして速い。アクセルを回すと走り出す、マジで。ちょっと感動。

 スタイルも直線的で武骨なのがモロ好みです。水冷四気筒のエンジンはパワフルで、加速も強力でした。

 車重もガソリン満タンで約200㎏(乾燥重量で187㎏)と結構重いんですが、走ってるときに安定感があり、非常に乗りやすいです。

 

f:id:soushirou777:20190604013911j:plain

サイドから

 取り回しや足つきは結構良好です。教習で使ったスーフォアとよく似た感覚です。サイズや車体構成、重さもだいたい同じくらいですからね。

 なにげに納車前からついていた銀のタンデムバーが便利で、エンジンを切った後に車両を動かすのが凄いラクです。あと引き起こしも(納車一日目で立ちゴケしてしまいました…)

 

 バイク、本当に楽しいです。慣らしで普段車で走ってるところを走ったんですけど、すごく印象が変わって見えて、とても新鮮でした。一念発起して免許取ってよかったです、ホント。

 

 これからはバイクを使って色んなところにドンドン行きたいですね。

普通二輪免許取ります!~愛車契約編~

  前回の記事の通り、

 

sekabe.hatenablog.com

 

 卒検まではスムーズに行った僕ですが、実は第二段階みきわめを受ける前に、大手チェーンのバイク屋SOXさんで免許取得後の愛車となるバイクを契約に行きました。理由としましては

  • 欲しいバイクの車種がようやく定まったため(SR400とかゼファーとか候補にあがってましたが、結局ZRXに決まりました)
  • みきわめ、卒検に向けてモチベーションを上げるため
  • 周りのバイク乗りのTwitterのタイムラインが納車祭りだったため(自分も愛機が欲しくなった)

とそんな感じです。

 思い立ったら即行動ということでGooBikeで目星をつけたバイクの在庫がある――ところから取り寄せることができるSOXさんを訪ねました。

 こういった全国チェーンの強みはバイクの取り寄せができるところですよね。

 

 入り口から店舗に入ると目に入ってきたのは綺麗なショールームに並べられたたくさんのバイク。ちょっと興奮でドキドキしてきます。

 さっそくショールームにいた店員さんに話しかけました。

僕「すいません。ここのSOXさんにある(携帯で目星のバイクのページを見せながら)、このZRXの在庫確認してもらっていいですか?」

店員さん(以下、店)「あ、はい。ちょっと待ってもらっていいですか?」

 在庫確認の電話を入れる店員さん。Gooとかネット掲載の物件ってネットには乗ってても商談中だったり既に売られてたりすることもあるのでドキドキでした。

店「あー、すいません。もう売れちゃってるみたいで…」

 

f:id:soushirou777:20190514231617j:plain

 

 ある程度は予想してましたが、実際直面してみるとショックです。フルノーマルで外装も綺麗め、走行距離もそんなに行ってないベストなZRXだったので…

 

 と、ここで帰ってしまうのは流石に勿体ない、と思い、SOX全店にある他のZRXの在庫を検索してもらいました。

 そのなかにピンと来たのが二台ほどありました。どちらもボディカラーはカワサキ伝統のライムグリーンでしたが、

 一台はマフラーはノーマルですがフェンダーレス仕様かつ赤キー*1が欠品してる個体で、

 もう一台は赤キーはついてるけど、社外マフラーを装着してフェンダーレス仕様で、おまけにアップハンドルと結構カスタムされてる個体でした。

 

 僕は購入時はなるべくフルノーマルかつフル装備(キーとか説明書とか)という拘りがあったので、赤キーが欠品してる方の個体を選んで、それをノーマル戻し&イモビユニット交換してもらうことにしました。

f:id:soushirou777:20190516231035j:plain

納車時イメージ

 バイク屋さんもこのような――わざわざイモビユニットまで交換するような――注文を受けるのはあまりなかったようで

店「赤キーなくてもキー複製はできなくはないし、わざわざイモビユニット交換しなくても大丈夫ですよ?(意訳)」

的なことを言ってくれました。

 たしかに普段、赤キーなんて使わないですし無くてもバイクは問題なく動きます。イモビ一式の全とっかえとなりますと工賃コミコミで5万円を超える出費です。決して安くはありません。ほぼ自己満足です。でも無いと落ち着かないんですよね。

 あとついでにETC(1.0の安い奴。ちょうど助成金キャンペーンがやってまして1万円弱得しました)とUSBソケットもつけてもらいました。ツーリングには欠かせない装備ですからね。

 

 そんな感じでトントン拍子で商談が進みまして、ローンの審査も無事通ったのでカワサキ・ZRX契約と相成りました。

 バイクを無事契約できたことで、この時は凄い浮かれましたね。スキップ気味に店を後にしたくらいですから。

 そのあとの教習にも一層身が入り、前回の記事通り、ストレートで合格できました! バイクのもたらすモチベーション効果はすごいですね!

*1:イモビライザーキーのマスターキーのこと。これがないとキーが複製できない

普通二輪免許取ります!~第二段階&卒業検定編~

 ブログでの報告がちょっと遅れてしまいましたが、このたび五月七日に無事、普通二輪の免許が取得できましたので、そのご報告と第二段階および卒業検定の内容についての記事を書いていきたいと思います。

 ゴールデンウィークに10日の休みが与えられたのでその間にパパっと教習所の第二段階を終わらせました。

 第二段階の内容は第一段階よりも説明することがありません。ほとんどの時間、法規を意識した走行を行うだけですからね。自動車の免許を既に持っている私にとっては、バイクの操作という未知の技術を教えられる第一段階よりも第二段階の方が気楽にスムーズに消化していくことができました。

 

 一応、説明しておきますと第二段階のカリキュラムは以下の通りです(カリキュラム名だけではわかりにくいところには捕捉を入れておきました)。

 

1・路上運転に当たっての注意と法規走行

2・通行区分など

3・走行ポジションと進路変更

4・交差点の通行(直進)

5・交差点の通行(左折)

6・交差点の通行(右折)

7・見通しの悪い交差点の通行

8・安全な速度と車間距離

9・カーブの安全走行

10・カーブの体感走行

   ※カーブでの事故の原因とその対処について学ぶ教習。

11・急制動

12・回避

   ※障害物に対する急な回避の判断やその対応を見る教習。

13・ケース・スタディ(交差点)

   ※どのような状況で交差点事故が起きるのかのレクチャー。

14・交通の状況及び道路環境に応じた運転

15・危険を予測した運転

16・高度なバランス走行など

   ※道路状況に応じたスピードと方法で余裕のある走りができるかをみる教習。

17・教習効果の確認(みきわめ)

 

 はい、自動車の免許を持ってる人にとってはどれも常識的なことばかりですね。

 停止線や踏切でしっかり一時停止をしたり、右左折時に事前にウィンカーを出して後方・側面の確認を怠らずに曲がる方向にきちんと車体を寄せたり、見通しの悪いところではきちんと徐行したり、適正な速度での走行をしたり…etc.

 まぁ、バイクで公道を走る上で最低限のことしかやりません。

 さらにいうなら1、13、15はシミュレーターを利用した教習でした。よっぽどふざけて受けない限り、シミュレーター教習は受かります。

  第一段階でバイクの操作を覚えることができ、かつ普段から自動車に乗ってる人は、安全を意識した走行をするだけで卒検までの大半の教習はクリアできます。私も無問題でした。ぶっちゃけ書くことがありません。法規以外に意識するのは検定コースの道順くらいですからね。

 

 ただ、急制動だけは曲者でしたね。あれだけは卒検まで苦手意識が拭えませんでした。

 指定されたポイント(以下、制動開始地点。具体的にはポールとかが左右に立っている場所等)へ時速40kmで侵入し、そのポイントを通過した直後からブレーキを使って規定の距離までに停止するというのが急制動の課題となるのですが、

  • 制動開始地点より前から制動(ブレーキをかける)を始めてしまうと減点(一度だけやり直し可。二回目は検定中止)
  • 制動開始地点までに時速40kmが出せない or 制動開始地点を通るまでに時速40キロ以下にスピードが落ちてしまったら減点(一度だけやり直し可。二回目は検定中止)
  • どちらかのブレーキしか使ってない or ブレーキをロックさせたら減点
  • 規定制動距離を超えてしまったら検定中止

などなど、減点・検定中止ポイントが結構多くて個人的には厳しく感じた課題でした。

  この難題への対処法として私が試した方法はといいますと、「時速40kmギリギリで進入するのではなくそれ以上出す(もちろん規定制動距離で止まれる程度に収めておく)」ことでした。

 急制動の難しさの大きな部分は時速40km以上を出しつつ、制動開始地点を超えた後のブレーキングを考えなければならないことだと感じました。速度を出す事・維持する事と、後々のブレーキの掛け方・掛けるポイントの両方を意識しなければならないからです。その時のストレスを軽減するために「時速40kmギリギリで進入するのではなくそれ以上出す」ことで速度の維持を考えなくてもいいようにしました。

 このやり方は非常に有効で、余裕を持って急制動に取り組めるようになりました。

 第二段階の半ば頃にはスラローム一本橋もスムーズにできるようになっていたので、私の不安点は急制動だけでした。そのため、急制動をクリアできれば後はトントン拍子に卒業検定まで進めました。

 

 卒業検定ですが、これは教習と違って特定の日時にしか検定を受験できないので注意が必要です。教習所でキチンと話を聞いてしっかり予約して臨みましょう。

 あとは第一段階と第二段階の教習で習ったことをしっかりと実行するだけなのですが、心配性の私は前日まで検定で大きく減点されるポイントをおさらいしておきました。つまらないところで減点されてそれが原因で検定に落ちたらしょーもないですからね。あと検定代(僕のところは4000円くらいでした)ももったいないです。

 僕が特に注意した減点・卒検中止ポイントは、

  • 発進時のミラー確認 *1

このあたりでした。

 当たり前ですが、人によって苦手とする課題は異なりますので一概に上記のポイントに注意すれば卒検は安定とは言えません。自身の苦手課題に関連する減点・検定中止ポイントはしっかり押さえることが大事だと思います。

 また、卒業検定は結構時間が掛かります。検定前に説明を受け、検定時は一人ずつ教官と一緒にコースを走行して、採点後に発表してもらうわけですが、12時半から始めて終わったのが15時くらいでした。なにか待ち時間中に暇つぶしできるものを用意しておくと良いかもしれません。

 

 以上が第二段階と卒業検定についてでした。第一段階に比べると随分コンパクトな内容でしたが、本当に特筆することはありません。第一段階で習った操作方法で、法規と安全を意識した走行をするだけです。

 私も第二段階を受ける前は、本当に免許取れるのだろうか…と心配していましたが、終わってみれば案外あっさり終わってしまいました。

 

 自動車と違って卒検は一人で走らなきゃいけないとか、二輪は転びそうで怖そうとか、そういったことで普通二輪免許を取れるか心配な人もいると思います。

 私もかなり運動音痴&普段から運動しない運動神経ゼロ男でしたのでとても心配でした。が、普通に卒検受かりましたから安心してください。

 もしバイクの運転に興味があるなら是非チャレンジしてみてください! 教官の教え通りに走れば大体なんとかなりますよ! 

*1:これ意外と確認する人が多いらしいです

*2:徐行時にクラッチ握りながらウィンカー操作しようとしたり、焦って操作してると鳴らしちゃいますよね

*3:やらかすと一発アウトなので特に気を付けました

*4:上記した時速40kmオーバー戦法では、速度を出し過ぎないように注意が必要です。だいたい5kmオーバーくらいに止めましょう

*5:時速40km出せなかったり、制動開始地点より前にブレーキを踏むと失敗です。一回目は10点減点、二回目は検定中止

*6:発進時にウィンカーつけなかったり、ウィンカーを消し忘れたり、右左折時にウィンカー出さなかったりすると減点くらうのでしっかり出したり消したりしましょう

普通二輪免許取ります!~第一段階みきわめ編~

 大分、間が空いてしまいましたが、第一段階みきわめ編です。

 第一段階の締めくくりであるみきわめは北陸遠征出発日である3月20日に行いました。北陸遠征をやるにあたって、教習を一区切りしておきたかったため、ギリギリですが遠征前にみきわめを終えておきたかったからです。

 

 みきわめに使うAコースは、

  1. 教習所コースの外周(外回り)をぐるりと半周。
  2. 外周から右折で坂道に突入。
  3. 坂道を降りたらそのまま右折して交差点に進入。
  4. 交差点を直進し、端まで行ったら再び外周(内回り)に戻るために左折。
  5. 外周(内回り)を1/4程度回って、左折。S字へ。
  6. S字を抜け、外周(外回り)に復帰するために右折。
  7. 外周(外回り)を少し行ったところで踏切に向かうために右折。
  8. 踏切を抜け左折した後、教習コースの中央を抜け、右折してクランクへ。
  9. クランクを抜けた後、左折して外周を経由してスラロームコースへ。

  10. スラロームを抜けた後はUターンして一本橋へ。

f:id:soushirou777:20190330010601j:plain

Aコース見取り図。第一段階みきわめは一本橋が終点

と、そんな感じでした。文章で書くとちょっと複雑そうですが、実際に2、3回走れば問題なく覚えられる程度のコースです。みきわめ時のAコースは一本橋まででした(本来ならば写真にあるように、そのあとコースを大きくS字走行後、急制動をやって発着点まで戻ってきます)。

 みきわめは特に問題なくクリアできました。みきわめ自体、特に新しくやることはなく、今まで習った内容を教えられたコースに沿って実践するだけですからね。

 ただ、スラロームの際に目線が近くに寄り過ぎていることを指摘されました。ここは直しておきたいと思います。

平成の終わりに寄せて

 僕が、自身が生まれ育った時代である平成の終わりを唐突に実感してしまったのは平成最後の日、4月30日の朝だった。

 天皇陛下生前退位が決まった時も、「令和」という新元号の名前が発表された時もあまり感じ入るものはなく、「あ~平成終わるんだ」とノンキに構えていた僕だが、今日の朝、ようやくその事の大きさというか、自分の中に対する影響の大きさに気付いたのだ。もう少し平成という時代の最後を噛みしめておけばよかった、と最後の最後で気付いてしまったのだ。

 一度気付いてしまうと、切なさというか虚脱感と言うべきものが去来して、ちょっと悲しくなった。例えるなら子供の頃から一緒に暮らしていた飼い犬を亡くしたような気分だった。

 

 僕の周りにあるもの、僕を僕たらしめてきたものは――当たり前だが――すべて平成の産物だ。

 世代交代してきたプレイステーションの初代からPS3だとか、

 スマートフォンに取って代わられたガラケーだとか、

 ブラウン管テレビやVHSだとか、

 中高生の頃読んでいたラノベだとか、

 おもしろフラッシュ倉庫や個人HPのリンク集だとか、

そういったものが本当に過去になろうとしている。平成という時代の中での移り変わりや変化はあったが、それは体感的にはひとつながりであって、それが今まさにぷっつりと途切れようとしている。少なくとも自分の中では。

 そういうのを感じ取ると自分の中で一段階大きく老け込むというか、なにか胸にぽっかり穴が空いてしまった気分だ。まだ十分に若者のはずなのに、自分の時代が終わってしまったかのように感じてしまう。とてもむなしい気分だ。焦りもある。

 

 平成という時代に別れを告げるのが寂しいのか、自分の中の活力的なものが平成とともに置き去りになってしまうのが空しいのか、よくわからない。もうあと数分もない平成を惜しんで、令和という時代に適応していけるか不安を抱きながら、この文章を締めさせていただく。